ことり

3.76
  • (138)
  • (254)
  • (206)
  • (27)
  • (9)
本棚登録 : 1799
レビュー : 296
著者 :
シェラさん 文芸   読み終わった 

小鳥と対話ができるお兄さん。でも、人に通じる言葉を持っていません。
そんな兄を尊敬しつつ、支える弟である小鳥の小父さん。

ゆっくりとした時間の流れと、純粋な兄弟の優しさが切なくなります。

保育園にある鳥小屋をずっと眺めていたお兄さん。
園長先生は、「お兄さんが来ると小鳥たちが競って歌を披露していた」と
小父さんに話します。
そんな小鳥たちに気づく園長先生も素敵ですね。

最後まで読んでから、冒頭に戻ると、飛んで行ったメジロの
心の声が聞こえくる気がします。

レビュー投稿日
2013年12月9日
読了日
2013年12月9日
本棚登録日
2013年12月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ことり』のレビューをもっとみる

『ことり』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ことり』にシェラさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする