天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)

3.26
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 135
レビュー : 11
著者 :
shi3yu2-aさん  未設定  読み終わった 

おもに絵画に描かれた天使像を中心に、その描かれ方から天使に対する歴史上の扱われ方を見ていく。多神教の影響が大きく異教の神・霊的存在という要素と習合し、キリストと同一視されてきた天使の設定がキリスト教の厳格化とともに教義上のシンボルとなりかけたが、芸術家をはじめとする人々の欲求が天使の描写を通して異端的だが魅力あるものに仮託されるようになっていく。堕天使・悪がいるからこそキリスト・善なるものも輝く。

レビュー投稿日
2019年1月4日
読了日
2016年9月30日
本棚登録日
2019年1月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天使とは何か キューピッド、キリスト、悪...』のレビューをもっとみる

『天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)』にshi3yu2-aさんがつけたタグ

ツイートする