お坊さんが隠すお寺の話 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社 (2010年3月1日発売)
2.88
  • (0)
  • (6)
  • (17)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 114
感想 : 17
3

日本には、全部で7万余りのお寺があるそうですが、そのうち2割の1万5千寺が住職のいない空き寺になっているそうです。

このような状況に、なぜなってしまったのか、本書では事細かに書かれています。
(内容は割愛します。)

そんな中、著者の主張は、
「率直なところ現代社会の連帯感はきわめて浅く薄いと思います。その繋ぎ手となって自由の世界に導いてくれるのが僧たる方の役割ではないでしょうか。」(p.177)

「自由の世界」と言われると、怪しげな印象を持たれがちですが、人々の交流の場として、お寺をどうにか活用出来ないか、考えて見たいです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年9月8日
読了日 : 2013年9月8日
本棚登録日 : 2013年9月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする