日本人は「やめる練習」がたりてない (集英社新書)

3.64
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 9
著者 :
shikasugaさん 新書   読み終わった 

マレーシアに移住してわかった、日本との違いをいくつかの視点でまとめた本。

小学生ですら、転校をバンバンするマレーシア人。部活のルールは「続けてはいけない」。学校を辞めてもフリースクールが沢山あり、必要なスキルはいくらでも身につく。社会人ですら、合わない会社であれば初日で辞めることも珍しくない。それでも社会は回っているのだ。

一方、日本人はトライ&エラーの経験値が極度に不足いる。これは社会が、日本人に対して1つのことをやり続けることを前提にしているから。だから、パワハラ・セクハラに耐え、逃げ場を失い、鬱になる人が続出するのだ。

そんな日本人と日本社会に対して、「辞める」ことの必要性を説いている。日本社会にどっぷり浸かっていては、知るよしもない世界観である。

レビュー投稿日
2019年6月22日
読了日
2019年6月22日
本棚登録日
2019年6月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本人は「やめる練習」がたりてない (集...』のレビューをもっとみる

『日本人は「やめる練習」がたりてない (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする