カッコウの卵は誰のもの

3.25
  • (128)
  • (588)
  • (1095)
  • (242)
  • (41)
本棚登録 : 5137
レビュー : 760
著者 :
shikoppiさん 小説   読み終わった 

何となく東野圭吾の楽しみ方は分かった。ただ、やっぱり、浅い気がするんだよなー、人物の設定が。それがミステリーの宿命とは思いたくない。本当にミステリーは苦手で、今更という感じで、ミステリーの楽しみ方も習得中の身のたわごとですがね。
これが発売された中刷りを見て、センサーに引っかかった。期待しすぎたかな〜。書き込みすぎて、書ききれてない感、満載。目の付け所は面白いのに、もったえない。時間かけて、しっかり書いていれば、名作と言われたかもしれない。
勢いのある場面も多く見られたし、東野圭吾その人がそうなんだろうと思うけど、人間を信じている温かさが物語を流れている。東野圭吾の本領はこんなもんじゃあないのではと思わざるを得ない。近々、もう一冊試しますよ。首洗って待ってろよ。

レビュー投稿日
2012年11月1日
読了日
2012年11月1日
本棚登録日
2012年11月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カッコウの卵は誰のもの』のレビューをもっとみる

『カッコウの卵は誰のもの』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする