杏っ子 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1962年6月10日発売)
3.72
  • (13)
  • (20)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 265
感想 : 23
3

じぶんのなかで室生犀星についての勘違いをしていたに違いない。ある日突然、このお金が全部なくなってしまうにちがいないというように何となく絶望を感じながらページをめくったけどそんなことはなかった。
かわいいものをめでてだけいるというのと親になるということは違うのだなあ。今は親になるということがしみじみと身にしみる。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: メモ的
感想投稿日 : 2013年1月16日
本棚登録日 : 2013年1月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする