ドリフターズのことは全くといっていいほど知らなかったが、コメディに対する取り組み方など刺激になる。
女性関連の浮いた話は殆ど出てこなかった。

2020年4月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月2日]

SF/アクション作品として普通に面白かった。
最後のお姫様がどうやって脱出するのかは疑問だったが。

2020年1月23日

読書状況 観終わった [2020年1月23日]
カテゴリ その他映像作品

「へりくだりや温順が徳行であって、高慢が悪徳であるということ、《われら》は神に、《われ》は悪魔に由来するものだ」(193頁)

1920年代のロシアで書かれたディストピア小説。
科学技術と結びついた全体主義の行き着く先を描く。
そのため、その後ソ連で禁書とされた。

SF小説としての面白さよりも、資料的な価値の方が重要かも。

2020年3月20日

読書状況 読み終わった [2020年3月20日]
カテゴリ SF

小規模なアップデート。
しかし、この手の本はとにかく鮮度が大事なので一読しておくに越したことはない。

2020年1月23日

カテゴリ 法律・法務周辺
タグ

前の版よりも情報量がさらに増えた。
発信者情報開示等を検討するならお勧め。

2020年1月13日

読書状況 読み終わった [2019年12月13日]
カテゴリ 法律・法務周辺
タグ

著者両氏が、様々な分野から200冊ずつ本を集めて紹介する。
両氏の教養の幅広さと深さに改めて舌を巻く。
教養の全体図を把握するための一助になりそう。

2020年1月13日

読書状況 読み終わった [2020年1月13日]
カテゴリ その他

世界史を、個別の国の歴史ではなく全体の歴史として見るのが大事だということ。
筆者の推測を交えて書かれている部分も多く、考察部分を直ちに鵜呑みにはしてはいけないが、コンセプトには同意できるし、読み物としても面白い。

2020年1月10日

読書状況 読み終わった [2020年1月22日]
カテゴリ 古典・歴史系
タグ

原田元判事の経験から見た裁判所。

裁判所に絶望するわけではなく、しかし全肯定するわけでもない。
朗らかな文体と相俟って、大きく槍玉に挙げられるようには思えないのは、さすがのバランス感覚というべきなのか。

2020年1月13日

読書状況 読み終わった [2020年1月5日]
カテゴリ 法律・法務周辺

法律家よりも、ネットビジネスを始めたい・既に始めている事業者向けの本。
この本の中で何かを解決するものではなく、どんな問題が起こり得るかを指摘する。

とはいえ、4年前の本なので旬を過ぎてしまっているか。

2020年1月13日

読書状況 読み終わった [2019年12月21日]
カテゴリ 法律・法務周辺
タグ

書かれていることは至極全うだが,さすがに古臭いか。

粗衣粗食,人生すなわち努力,努力すなわち幸福,収入4分の1天引き貯金。

2019年10月9日

読書状況 読み終わった [2019年10月9日]
カテゴリ 自己啓発

「外部からの刺激は麻薬と同じで、やがて効力を失い、人間の精神を麻痺させてしまうのだ。自分の中に精神的な貯えをもたなければ、知的にも、道徳的にも、精神的にも、われわれの成長は止まってしまう。そのとき、われわれの死がはじまるのである。」(254頁)

2019年12月4日

恋愛小説かと思ったらナンパ指南本だった。
小説形式にする必要があったのだろうか。

2019年10月5日

読書状況 読み終わった [2019年10月5日]
カテゴリ 自己啓発

利用規約,プライバシーポリシー,「特商法に基づく表示」についてコンパクトにまとまっていて,雛形もついている。
ウェブサービスの利用規約の作成に関わるなら一読しておきたい。

2019年7月17日

読書状況 読み終わった [2019年7月17日]
カテゴリ 法律・法務周辺

困ったときに真っ先に見る本。

2020年1月13日

カテゴリ 法律・法務周辺

3分の1が自伝、3分の2が裁判官と法曹教育の現状と問題点の指摘。
表紙に関わらず、内容は至極真面目です。
家の外では読みにくいのが難点か…。

旧様式の判決文の「当事者の主張」欄が、教育ツールの機能も有していたことは知りませんでした。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2019年5月20日]
カテゴリ 法律・法務周辺
タグ

映画監督や小説家とは異なり、なかなか正面からスポットの当たらなかったゲームクリエイターたちへのインタビュー。
誰もが知っているあのゲームは、どんな人たちが作っていたのかを知ることができる。

2019年5月21日

読書状況 読み終わった [2019年4月25日]
カテゴリ その他

取っつきやすいのが長所。
内容は可もなく不可もなく。

2020年1月13日

読書状況 読み終わった [2019年5月5日]
カテゴリ 法律・法務周辺
タグ

発信者情報開示の請求をするには必携かと。

2019年10月9日

カテゴリ 法律・法務周辺

教養そのものではなく、大正末期から昭和末期頃までの教養主義・教養主義者の変遷について論じる。

過去の教養に関する状況への分析が多く,現在や将来への分析や提言は少ない。
資料的価値に重きを置いた本といえる。データの分析に関する部分は読み飛ばしてもよさそう。

とはいえ,「教養の培われる場としての対面的人格関係は、これからの教養を考えるうえで大事にしたい視点である。」(246頁)として,教師や友人などの人的媒体を介した教養の発展を示唆している。

2019年2月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年2月3日]
カテゴリ その他

分野がある程度限定的だが,ある程度深く掘られて解説されている。
続編も読みたい。

2019年10月9日

読書状況 読み終わった [2018年12月21日]
カテゴリ 法律・法務周辺

レパントの海戦、スレイマン大帝の死とその後。
ヨーロッパ大国のパワーゲームが地中海の不安定化の一因。

2018年12月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年12月13日]
カテゴリ 古典・歴史系

オスマントルコの台頭とキリスト教徒内部の争い。

2018年12月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年12月2日]
カテゴリ 古典・歴史系

集客・経営について特化したフリーランス向けのビジネス書。

自分の仕事に当てはめて考えて改善点がないか使えそう。

著者の名刺や「ヒストリーカード」には情報を詰め込みすぎじゃないかと思ったが…

2018年11月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年11月27日]
カテゴリ 自己啓発

交易都市の台頭と海賊対策。
海賊は、身代金目当ての拉致を主な目的にする。

2018年11月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年11月24日]
カテゴリ 古典・歴史系
ツイートする