【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書)

3.86
  • (20)
  • (42)
  • (24)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 335
レビュー : 34
著者 :
shimu2さん  未設定  読み終わった 

[解決策にして病巣]合意の形成から百年を迎え、日本の一部メディアでも改めて取りあげられることがあったサイクス=ピコ協定。外部から中東地図を描いたとして批判されることが多々あるこの協定の形成経緯やその他の条約に触れながら、現在の中東政治を高所から俯瞰した作品です。著者は、中東研究の第一人者と評しても過言ではなくなってきた池内恵。


「複雑だ」と評される中東政治を、その複雑さをそのままにゴロンと読者に突きつけてきた作品。決して読みやすい読み物ではないですが、中東政治や幅広く国際政治に興味のある方にはぜひオススメ。明快かつ安易な解決策など、現在の中東には存在しないということが痛感できる一冊です。

〜当時の超大国である列強という「医師」に、中東の国家と社会の「病」への処方箋を書く、その資格と能力があったかというと、それは疑わしい。しかしその当時の中東に、より適切に国家と社会を形成できる主体があったかというと、なかったと言わざるを得ない。それは現在でもなお残る問題でもある。〜

一気に通読できる分量も☆5つ

レビュー投稿日
2016年9月6日
読了日
-
本棚登録日
2016年9月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定...』のレビューをもっとみる

『【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする