国家と教養 (新潮新書)

3.67
  • (20)
  • (45)
  • (23)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 446
レビュー : 41
著者 :
shimu2さん 日本   読み終わった 

【情報を論理的に体系化したものが知識とすると、これからの教養は書斎型の知識でなく、現実対応型のものでなくてはなりません。現実対応型の知識とは、屍のごとき知識ではなく、生を吹き込まれた知識、情緒や形と一体となった知識です】(文中より引用)

主に日本、そして欧米における教養の歴史を振り返りながら、現代社会を生き抜く上で本当に必要な教養とは何かを探求した作品。著者は、大ベストセラーとなった『国家と品格』を手がけた藤原正彦。

教養という多義的な言葉に切り込み、今日的な知の在り方について光を当てた点を評価したい一冊でした。かなり刺々しい言葉が作品中に目立つため、それを毛嫌いしてしまう人もいるかもしれませんが、藤原氏の思考回路をたどっていくのも本書の楽しみなのかもしれないなと感じました。

『国家と品格』が懐かしい☆5つ

レビュー投稿日
2019年10月11日
読了日
-
本棚登録日
2019年10月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国家と教養 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『国家と教養 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする