平成史【増補新版】 (河出ブックス)

3.44
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 7
shimu2さん 日本   読み終わった 

【30年総ざらい】政治,経済,社会,そして情報通信等の分野に至るまで,複数の専門家によって平成の約30年間に起こった出来事をまとめた作品。分量の多さと比例して濃密かつ膨大な情報が詰まった一冊に仕上がっています。著者は、『1968』や『<民主>と<愛国>』等で知られる社会学者の小熊英二他。

平成に関する作品は数あれど,データを積み重ね,ある意味「教科書的」にまとめあげた作品として評価できる作品。そのため,決して読みやすい訳ではないのですが,総合的かつ多角的に平成について振り返りたい方には特にオススメです。

〜「平成」とは、一九七五年前後に確率した日本型工業社会が機能不全になるなかで、状況認識と価値観の転換を拒み、問題の「先延ばし」のために補助金と努力を費やしてきた時代であった。〜

ただ決して難解な文章ではないこともあり☆5つ

レビュー投稿日
2018年12月5日
読了日
-
本棚登録日
2018年12月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『平成史【増補新版】 (河出ブックス)』のレビューをもっとみる

『平成史【増補新版】 (河出ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする