日本の暦 (新人物往来社文庫)

3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
制作 : 『歴史読本』編集部 
shin_tamaさん 日本史   読み終わった 

今は太陽暦に基づいた暦だと言っても特に何の意識もないけど、日常生活では、節分とか秋分の日とか七夕とか、季節感のあるイベントを普通に迎えている。

でも、それって旧暦に沿ったもの。

そんなことを知りたくて、この本を手に入れた。

単に、旧暦と言うけど、太陰太陽暦と言うことを初めて知った。太陰暦だと、月齢がベースなので太陽のうごき
からすると、一年間で11日も誤差が生じるとのこと。
それでは、農業とかに影響するので、ガイドラインとして24節気や72侯などを設定した。でも、当時の暦は中国のものなので、日本の風土には合わないことが多くある。

そこで、天地明察で有名な渋川春海が800年以上も見直しをしていなかった暦を改訂して、ようやく今、馴染んでいる旧暦になったそうです。

日本での季節感や一つ一つの伝統行事の背景も勉強になった。

レビュー投稿日
2012年9月28日
読了日
2012年9月28日
本棚登録日
2012年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の暦 (新人物往来社文庫)』のレビューをもっとみる

『日本の暦 (新人物往来社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする