ロルカ――スペインの魂 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社 (2000年9月14日発売)
3.50
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 9

ロルカを通じて近代から現代スペイン史をなぞらえ、ロルカという詩人がいかに世界に影響を与え、そしてなぜ殺されなければならなかったかのかといういことを解説。
その一方観光立国として注目を浴びるスペインだが、その現代史にまで踏み込むことなかなかない。トラファルガー以降没落したスペイン王朝が現代にいたるまでいかなる足取りをたどったか、ジプシー民謡:フラメンコがスペインを代表する踊りのひとつとなった背景、ピカソで有名なゲルニカ空爆の背景までも言及されており、ロルカがいかにスペイン的な物のエッセンスであるかということが、うかがい知れる。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2010年7月26日
本棚登録日 : 2010年7月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする