きみはだれかのどうでもいい人

著者 :
  • 小学館 (2019年9月18日発売)
3.33
  • (33)
  • (79)
  • (108)
  • (38)
  • (9)
本棚登録 : 1276
感想 : 116
5

きみはだれかのどうでもいい人、というフレーズはたぶん本文の中では一度も出てこなかった気がする。その代わりに、目の前にいる人は誰かの大切な人かもしれない、みたいなフレーズは何回か出てきた。
誰かの大切な人、と思って人と接すれば良いのだろうけれど、だけどそればかり考えてしまうと自分が辛くなる。あなたはだれかのどうでもいい人、そんなこと知るか、って時にはそう割り切ることも必要なんだろう。

四人それぞれの立場や視点で、心情がリアルに描かれていた。若者と経験者、母と娘、器用な人と不器用な人。それぞれの気持ちもわかるし、痛い所を突かれたような気持ちになった。個人的には第4章が好き。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2023年12月22日
読了日 : 2023年12月22日
本棚登録日 : 2023年12月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする