工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)

3.39
  • (95)
  • (148)
  • (392)
  • (46)
  • (11)
本棚登録 : 1509
レビュー : 161
著者 :
シンスケさん 本・雑誌   未設定

森博嗣の水柿シリーズ第一段。水柿助教授は、短編集には登場しているが、長編には初登場(のはず)。 V、S&Mシリーズとは違い、淡々と物語が進んでいく。著者本人とその家族がモデルとなっていると思われるが、細かいところはどうも違うよう(当たり前だけど)。これまでに発行されたWeb日記に記述されている内容と少し違うので・・・(どっちが本当の姿なのか分からないけど)。しかし読み進めていくと、95%位著者本人と重なるイメージとなった(当然、ご本人とお会いしたこともなく、実際にどんな方かは知らないので、Web日記や他のテキストと比較してと言う意味で)。 著者は現在名古屋在住で、この作品に限らずシリーズ物に関しては名古屋が基本舞台となっている(作内では那古野と表記されているが)。自分は、大学時代名古屋市内を通学コ

レビュー投稿日
2018年11月12日
本棚登録日
2018年11月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)』にシンスケさんがつけたタグ

ツイートする