狂った裁判官 (幻冬舎新書)

3.00
  • (2)
  • (11)
  • (47)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 152
レビュー : 24
著者 :
shinko1001さん  未設定  読み終わった 

感情的で読んでて疲れる。批判したいポイントはそれぞれ何を批判したいかはわかるけど、「赤字気にしてさっさと事件を終わらそうとする」「最初から結論見えてる事件でもうるさい当事者だと証拠調べ付き合って長引かせる」とか…何が「最初から結論見えてて早く終わらせるべき事件」で何がそうでないかの見極めってそんなに出来るものなのか、すべきものなのか。多くの人がそうだと思う事件はあるかもしれないけれども、こんなに感情的に「すべからく裁判官は~」っていうような主張はどうかと思う。

レビュー投稿日
2013年2月12日
読了日
2013年1月8日
本棚登録日
2013年1月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『狂った裁判官 (幻冬舎新書)』のレビューをもっとみる

『狂った裁判官 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする