10宅論―10種類の日本人が住む10種類の住宅 (ちくま文庫)

3.33
  • (6)
  • (9)
  • (29)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 159
レビュー : 18
著者 :
oike_さん  未設定  読みたい 

「モノの行う象徴作用が場所に深く依存している様相(西洋の象徴作用は場所に関係なく発生するのに対して日本の象徴作用は場所中心的である)を説き明かす」ことが主題、場所の分類基準を「住宅のスタイル」とした上で「住宅スタイルの違いは住む人間の違いを意味し、その人間の価値観の違いを意味し、かつその場所で繰り広げられる象徴作用の全体を支配する」という前提で論が構成される。近代合理主義批判と日本的な場所システムの提示。

レビュー投稿日
2017年8月15日
本棚登録日
2017年8月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『10宅論―10種類の日本人が住む10種類...』のレビューをもっとみる

『10宅論―10種類の日本人が住む10種類の住宅 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする