夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

3.98
  • (4878)
  • (4024)
  • (2833)
  • (715)
  • (301)
本棚登録 : 36399
レビュー : 4075
著者 :
佐藤史緒さん 現代日本文学   読み終わった 

2006年(平成18年)。
堪能いたしました。古の都・京都を、かくもアヤしく甘酸っぱいスラップスティックコメディ的青春恋愛ファンタジーの舞台に仕立てあげてしまうとは。感服しました。往年の名作漫画に例えるならば、さしずめ「めぞん一刻」或いは「グリーンウッド」といったところでしょうか。ファンタジーであるのだからして、「そんな奴ぁいねぇよっ」的突っ込みは無粋と申せましょう。エセ近代文学めいた胡散臭い語り口も、また楽しからずや。願わくは、若き2人の未来に幸あらんことを。青春万歳。京都万歳。なむなむ!

レビュー投稿日
2011年4月18日
読了日
2011年4月17日
本棚登録日
2011年4月4日
13
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』に佐藤史緒さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする