しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

4.09
  • (687)
  • (339)
  • (502)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 4293
レビュー : 578
佐藤史緒さん 絵本・児童文学   読み終わった 

わかやまけんさんがお亡くなりになられていたこと、ブクログ通信で知りました…。

こぐまちゃんシリーズの中でもこの本は、子供が1〜4歳くらいのとき何度も何度も読みきかせしました。特に1歳の時はヘビロテといっていいくらい読みましたね〜。ぽたあん、どろどろ、ぴちぴちぴち、ぽいっ、やけたかな? まあだまだ…って、なんとなく今でも覚えてるし(笑)ほっとけーき、本当においしそうでした。子供もひらがな読めるようになったら、自分で本棚から引っ張り出して読んでましたよ。お世話になったなぁ。

かけがえのないひとときをありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

レビュー投稿日
2017年8月30日
読了日
2011年8月30日
本棚登録日
2017年8月30日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまち...』のレビューをもっとみる

『しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)』のレビューへのコメント

円軌道の外さん (2018年1月22日)

佐藤史緒さん、ご無沙汰してます!
元気にしてますか?


えっ!誰って?(滝汗)( ̄▽ ̄;)


いやぁ~、またまたご冗談を(笑)
つか、お忘れですか!(泣)

関西出身で東京在住、
読書は勿論、映画と音楽と猫には目がない元プロボクサーです。

実は、プロボクサーを引退して教える側に回ったのと、
新しい仕事が多忙だったのと、
あとなぜか突然にしてレビューが書けなくなったことの三重苦で(笑)、
気づけばな、な、なんと
約2年もの間、ブクログを休んでおりました(汗)
(そんなに休んでたとは、自分でもビックリでした!)

この本、僕も持ってるし、子供はこれ、大好きですよね。
(てか、わかやまけんさん、亡くなられてたのですね…)

子供の気持ちに沿って書かれたであろう
ユニークな擬音語がいっぱいで
絵を観るだけで単純に楽しいし、
僕は幼い頃この本を観て、作ることの楽しさに目覚めました(笑)
おかげで、小学生低学年から料理することに抵抗がなくて
施設でもよくコッソリなんやかんや作ってましたね(笑)
(それでも料理人にはならないんだから、人生って不思議です笑)

とまぁ、話は尽きないのですが、止まんなくなるんで、このへんで(笑)

まだまだ完全復活とはいきませんが、
ぼちぼちやっていきますんで、
またどうかよろしくお願いします。

まだまだ寒い日は続きますが、
(東京は久びさの大雪警報で街は混乱してます!)

風邪など引かぬよう
お体ご自愛くださいませ。

佐藤史緒さん (2018年1月24日)

円軌道の外さん、こんにちは!
お久しぶりでございます。
選手を引退されたのですね。長い間お疲れ様でございました。今度は指導にまわられたとのこと、今までとは別の闘いの始まりということですね! 新しい門出に幸ありますよう。
それにしても、2年ブクログから離れていらっしゃったとは。最近はコメントのやりとりなしでレビューをROMってることが多かったせいか、全然気づきませんでした(汗)
とりあえず、おかえりなさい。ですね!
実は私も最近少し外での仕事を増やしまして、以前と比べると読書のペースもブクログで遊ぶペースも意識的に落としております。暇ができたらぼちぼち更新って感じで、マイペースで過ごしております。
人生のステージに合わせて、自分の好きな時に自分のペースで参加できるのがブクログの良い所ですから、これからもまったりとお付き合い下さいね!

円軌道の外さん (2018年2月4日)

佐藤史緒さん、おはようございます!
遅くなりましたが、
たくさんのいいねポチとあたたかいコメントありがとうございました!
長らくご無沙汰していたのに
コメントまでいただき本当に嬉しかったです(笑)
(僕の本棚の『和菓子のほん』にもコメントの返事返してるので、暇潰しにでもまた覗いてみてください)

はい、とうとうプロボクサーは引退しました。
ちょうどブクログを休んでいる間に
試合があったのですが、目に異変を感じて病院に行ったら網膜剥離で、即日ドクターストップがかかりました。
終わるときは、あっけないものですね(笑)
プロでの選手生活は14年ですが、高校時代からボクシング自体はやっていたので、
かれこれ20年以上はリングに立っていたので、
さすがに辞めたあとすぐは、ヌケガラにになりましたね~(笑)
今はようやく、教えることの楽しさに目覚めてきました(笑)
お気遣いありがとうございます!

あっ、佐藤史緒さんも仕事を増やされたのですね。
読書って、『好き』なものだからこそ、
義務感でレビュー書くようになったら
なんか寂しいですもんね。
レビューを書くためでも、何かを得るためでもなく、
ただ本が好きで物語の世界に耽溺するためだけに
本を読んでいたあの頃の気持ちを思い出すためにも、
『長いお別れ』や『ロングバケーション』は必要なことやと
あらためて思いましたよ(笑)
(…となにやら、休んでた自分を正当化してますが笑)

しょうもない話長々してしまい、すいません!
これからも末長く楽しい話ができるよう、
お互いムリなく頑張っていきましょう!

朝早くのいいねポチ爆撃、失礼しました。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする