ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)

3.79
  • (986)
  • (944)
  • (1557)
  • (59)
  • (17)
本棚登録 : 8602
レビュー : 517
著者 :
ナヲさん    読み終わった 

程度の差こそあれ人は、決して他人とは相容れない
『絶対的な孤独』を抱えているのだと、この本で再認識しました。
このことは、主人公もだけど、五反田君が象徴的ですよね。
悲しみは悲しみのままで。生きていくって、大変だね。

レビュー投稿日
2012年3月3日
読了日
-
本棚登録日
2012年3月3日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文...』のレビューをもっとみる

『ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

猫丸(nyancomaru)さん (2013年7月3日)

「生きていくって、大変だね。」
大変だと思うと大変だけど、普段は忘れていられるかな(私がお気楽なだけ?)
「文化的雪かき」に感動しました。。。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする