王妃マリーアントワネット(上) (新潮文庫)

3.70
  • (124)
  • (161)
  • (258)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 1201
レビュー : 106
著者 :
shirogb250さん  未設定  読み終わった 

史実にある部分とフィクションを織り交ぜて、フランス革命前後を実におもしろく描いています。しかしここで言う「フィクション」とは、虚構とはまた違ったものだと思います。
史実にある点と点をつなぐ時に、「どうやったらこの点がつながり得るか」というあたりを実にクールに、そして情熱的に考えてできたのがこの作品なのではないでしょうか。
ハイライトは「首飾り事件」辺りだと思います。史実は史実としてちゃんと記述し、その裏事情をおもしろく、そして緻密に描いています。山師カリオストロを黒幕として登場させたあたりはさすがとしか言いようがありません。
主人公は題名の通りですが、たくさんの登場人物が作者に命を吹き込まれ、生き生きと動いています。実によく作られた群像劇だと言っていいと思います。

レビュー投稿日
2017年10月14日
読了日
2017年10月14日
本棚登録日
2017年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『王妃マリーアントワネット(上) (新潮文...』のレビューをもっとみる

『王妃マリーアントワネット(上) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする