伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集

3.45
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
制作 : Agota Kristof  堀 茂樹 
ししぼんさん 25歳【2010-】   読み終わった 

自殺の伝染病を広めて村から村を滅ぼし行く一行がいる。自殺伝染病の周囲への感染を防ぐため閉鎖された村にひょっこり入り込んだ男が森で首をつった美しい女を救うが女はしきりに死にたがる。消防士やら女医やら説得師やらが現れて滑稽なやり取りを繰り広げる伝染病。
もう一編は、自殺した妻とやってきたその家族たち、養父のアナーキズム活動の為にゲームを続ける古書店主のやりとり。
お互いの思惑がすっかりずれていて滑稽な人間関係をいつもの文体の調子で描き出していて面白い。

レビュー投稿日
2011年4月5日
読了日
2011年4月5日
本棚登録日
2011年3月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集』のレビューをもっとみる

『伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集』にししぼんさんがつけたタグ

ツイートする