寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))

3.81
  • (333)
  • (404)
  • (432)
  • (50)
  • (11)
本棚登録 : 3739
レビュー : 403
著者 :
SSSさん あ行の著者   読み終わった 

 内田先生による、構造主義の入門書です。

読んでいて書き留めたい箇所を引用します。

 精神分析の目的は、症状の「真の原因」を突き止めることではありません。「治す」ことです。そして、「治る」というのは、コミュニケーションの回路に立ち戻らせること、他の人々と言葉をかわし、愛をかわし、財貨とサービスをかわし合う贈与と返礼の往還運動のうちに巻き込むことに他なりません。(P197)

 レヴィ=ストロースは要するに「みんな仲良くしようね」と言っており、バルトは「ことばづかいで人は決まる」と言っており、ラカンは「大人になれよ」と言っており、フーコーは「私はバカが嫌いだ」と言っているのでした。(あとがき)

レビュー投稿日
2012年7月23日
読了日
2012年7月23日
本棚登録日
2012年7月23日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))』のレビューをもっとみる

『寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする