チリンのすず (フレーベルのえほん 27)

4.15
  • (35)
  • (22)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 40
ここ花さん ◇絵本・児童書   読み終わった 

絵本を超えた一遍の文学作品としても遜色ないほどクオリティの高い絵本です。
世代を越えて問いかけるそのテーマは「喪失」と「無常」。
やなせたかしさんの描く愛らしい仔羊のチリンが変貌していく様(さま)に
読み手は惹きこまれていくでしょう。
10年、20年、30年と時を経て読み返してみてください。
世の中の酸いも甘いも経験した大人になってから読むと、
より深くこの作品のメッセージが心に響くのではないでしょうか。

もちろん、子どもの頃に出会っていれば、こんなに幸せなことはありません。
この作品に感動できる子はその後も豊かな読書人になっていくことでしょう。
なぜなら、読み終わっても永遠に心に問いかけるテーマを持っているからです。
その答えを探す旅は人生そのものです。

初版時に読了。再々読。

レビュー投稿日
2010年7月29日
読了日
1984年12月21日
本棚登録日
2009年12月21日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『チリンのすず (フレーベルのえほん 27...』のレビューをもっとみる

『チリンのすず (フレーベルのえほん 27)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『チリンのすず (フレーベルのえほん 27)』にここ花さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする