大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)

3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 2
szkさん  未設定  読み終わった 

大阪には独特の温気がある、と言っていたのは誰だったか。郷土の文学選集とは一味違った、大阪を感じる作品集だった。ムッとするような熱気、よどみ、軽み、そっけなさ。こんな選集、東京や他地域は想像できない。

阪田寛夫 「わが町(抄)」
野坂昭如 「浣腸とマリア」
河野多惠子 「みち潮」
庄野潤三 「相客」
山崎豊子 「船場狂い」
織田作之助 「木の都」
小野十三郎 「大阪(抄)」
武田麟太郎 「井原西鶴」
宇野浩二 「子の来歴」
折口信夫 「身毒丸」
川端康成 「十六歳の日記」

レビュー投稿日
2012年8月16日
読了日
2012年8月16日
本棚登録日
2012年8月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)』のレビューをもっとみる

『大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする