あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)

4.12
  • (151)
  • (178)
  • (90)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1106
レビュー : 156
著者 :
shizukinyaさん  未設定  読み終わった 

なんとまあ、そうなるのね。今回の展開はちょっとやり過ぎかなーという気持ちが否めない。別に養子でもよかったんじゃないかとも思うけれど。できすぎる妻が疎まれるのはしょうがないのかな、もっと陰で守り立てるその能力があれば、話は変わってきただろうけれど。やっぱ夫としては不甲斐ないよねえ。現代ならさちは結婚なんてしないでバリバリ働くキャリアウーマンになるんだろうね。江戸だからムズカシイだけで。しかしこれといった失敗もなく実績を積んでいるさちはすごい。浄瑠璃人形とおなじ出で立ちでの観劇の件はちょっと感動。よく考えた。

レビュー投稿日
2017年8月15日
読了日
2017年8月15日
本棚登録日
2017年8月15日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時...』のレビューをもっとみる

『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする