コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す (ブルーバックス)

3.10
  • (4)
  • (4)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 20
著者 :
shoebillさん 数学・自然科学_生物学   読み終わった 

社会心理学的に見てコミュ障というのはどういう存在なのか、それは動物としてみたときの人間の特徴をどのように反映しているかについて書かれた本。この中で取り上げられている実験自体は聞いたことのあるものが多かったが、それをコミュ障の文脈で読み直すとまた別の含意があるのかなという印象。

レビュー投稿日
2018年10月16日
読了日
2018年10月16日
本棚登録日
2018年10月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解...』のレビューをもっとみる

『コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す (ブルーバックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す (ブルーバックス)』にshoebillさんがつけたタグ

ツイートする