東京震災記 (河出文庫)

3.64
  • (0)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 7
著者 :
shoji1217さん 文学   読み終わった 

 田山花袋は『蒲団』で有名だが、読んだこともない。

 たまたま、題名で購入。

 当時は、小説家がノンフィクション作家も兼ねていたので、関東大震災の雰囲気がよくわかる。

(1)関東大震災の避難先として福島など東北に多数の避難民が殺到した。(p154)

 当時は、東北の出身者が実家に避難したということだが、時代の巡り合わせを感じる。今度は東京が東北を支えないといけないと思う。

(2)大杉事件について「私はつとめてそれに対して意見がましいことを言うのを避けた。」(p217)

 当時のなんとなく、うしろめたい雰囲気が伝わってくる。

(3)「不逞鮮人」の表現は、p150,p193,p224の3カ所にでてくる。

 努めて抑制的に書かれている感じがする。

 そのほか、イニシャルで書かれている人名がおおいのがちょっと不思議。検閲?それとも当時の風潮か?

 こういう、なんとなく、文学作品として現場の雰囲気を語るものが今回の震災でもこれからでてくるかもしれないと思う。

レビュー投稿日
2012年1月14日
読了日
2012年1月14日
本棚登録日
2012年1月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東京震災記 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『東京震災記 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『東京震災記 (河出文庫)』にshoji1217さんがつけたタグ

ツイートする