鬼の当主にお嫁入り ~管狐と村の調停お手伝いします~ (二見サラ文庫)

3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
著者 :
いこさん 小説(作者名:あ行)   読み終わった 

村の揉め事をあくまで現実的な理論で解決へ導く綾乃。
母のことがあったとは言え、その観察眼恐るべし。
その理論も、各調停後のご当主と当事者の会話で非日常へとひっくり返るのは驚きつつも面白かったです。
人間の世界から、話が進むごとにじわりじわりと妖たちの世界へと誘われる、その匙加減が絶妙でした。
桜の話が特に素敵で泣けました。
ご当主家と綾乃の母との因縁が分かりそうで分からない、ラストでようやくその点の謎も明かされてすっきり。
そして、更なる暴露話でご当主の謎(本人にしてみれば綾乃にだけは明かされたくなかったであろう事実)も明らかになり、読者側にしてみれば何たる嬉しいサービスもあり、大団円で終わって本当によかったです。
これまで自分のことは二の次だった綾乃が、自分の幸せを第一にご当主と生きていってくれたらなと願っております。

レビュー投稿日
2019年7月28日
読了日
2019年7月28日
本棚登録日
2019年7月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鬼の当主にお嫁入り ~管狐と村の調停お手...』のレビューをもっとみる

『鬼の当主にお嫁入り ~管狐と村の調停お手伝いします~ (二見サラ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする