別れのワルツ

3.39
  • (4)
  • (7)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 6
制作 : 西永 良成 
shonboriさん 小説:海外   読み終わった 

ぼくが敬愛して止まない作家、ミラン・クンデラの長編第4作。

この作品には、魅力のある数多くの人物が入れ替わり現れる。
小さな温泉保養地を訪れたトランペット奏者と嫉妬深い美しき妻。
一夜の過ちから子を宿した看護婦と恋慕する男。
不妊患者に自分の精液を注射する医者。
毒薬をお守りに持つ男と彼を裏切った友人の娘・・・。

しかしながら、この作品に主人公は存在しない。
語り手の眼差しは定まらず、最後まで登場人物の帰結は得られない。

一方で、主人公の不在こそが、人間という受難する存在を浮き彫りにするように思われる。
自己の主体になりえない人間たち。
感情に、人間関係に、社会情勢に、総じて偶然に支配される人間たち。

この耐えがたいほどに軽い存在、けれども滅することの出来ない存在。
これらの主題は、クンデラの後の作品に受け継がれ、「存在の耐えられない軽さ」「不滅」の20世紀を代表する名作に結実する。

行き場のない余韻を残す秀作。

レビュー投稿日
2010年10月24日
読了日
2010年10月23日
本棚登録日
2010年10月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『別れのワルツ』のレビューをもっとみる

『別れのワルツ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする