組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ

3.71
  • (6)
  • (17)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 18
著者 :
show5さん  未設定  読み終わった 

 検察問題を入り口に,コンプライアンス≠法令遵守という持論を展開。フルセットコンプライアンス,リスクマネジメントとクライシスマネジメント,などなど,非常に予防法務的な立論です。コンプライアンスを社会の要請に応えるという意味だと強調すればする程,法律家の専売特許ではなくなるような気もしますが,修羅場をくぐってると言う意味では,コンプライアンスもしくはリスク・クライシスマネジメントの専門化の供給源としては有力であり続けるのでしょう。
 ビジネス書的な側面も強い本ですが,検察と法務省,法務大臣ととの関係など,検察論としても実務経験のある法律家らしい分析がされています。

レビュー投稿日
2012年4月15日
読了日
-
本棚登録日
2012年4月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」...』のレビューをもっとみる

『組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする