「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま

3.22
  • (2)
  • (13)
  • (14)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 126
レビュー : 25
著者 :
制作 : 山田 昌弘 
show5さん  未設定  読み終わった 

メインタイトルどおり「社会学」の本です。統計データに基づく分析にはイマイチ興味がわかないあたり,学生時代と変わりません。単に数字が苦手なだけですが。結婚に恋愛と経済のふたつの要素を求める「積み過ぎた」結婚には将来性がなく,どちらを捨てるか。アメリカは経済を中国は恋愛を捨てる方向に向かっているが,日本はどちらにも向かえず,不可能性の時代になるのではという山田説は悲観的すぎるとは思わない。共働きで維持できる家計を前提としない限り,婚活の限界は超えられないだろう。やっぱりベーシックインカムかなぁ,と思ってみたり。

レビュー投稿日
2011年3月11日
読了日
-
本棚登録日
2011年3月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択の...』のレビューをもっとみる

『「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする