The Dirty Boogie

3.54
  • (6)
  • (9)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 9
アーティスト : Brian Setzer 
showlさん Music   未設定

フライデー・ナイトにはこのアルバムを聴いてから会社を出るといい。そうすれば、夜の街にくりだして踊りださずにはいられなくなること間違いなしだから。

ブライアン・セッツァーが、80年代にストレイ・キャッツを率いて活動をしていた時から抱いていた夢------ビッグ・バンドを率いてロックンロールを演奏すること。92年にそんな前例のない夢を実現した一方で、セカンド・アルバムまでは商業的な成功を残すことができなかった。

本作は、20人弱のオーケストラを抱えて大きな経済的リスクを背負いながら、それでも6年間かけて目指す音楽を追求していった、98年発表のサード・アルバムだ。本作と4枚目『VAVOOM!』は、心も体も踊りだすようなごきげんなナンバーの数々で、ロカビリーとスウィング・ジャズを豪快にかけ合わせた、セッツァーの目指した完成形になっている。しかもグラミー賞受賞のおまけ付き。

ロカビリーとかスウィング・ジャズとか、そういったジャンルの好みは関係なく、誰にでも楽しめる古きよきアメリカのダンス・パーティー・ミュージック。そんな普遍的なワクワク感を持つこのオーケストラのショーは、ディズニーランドに完璧なマッチングだと思っているので、いつか実現してほしいと勝手に願い続けている。

レビュー投稿日
2011年12月16日
本棚登録日
2011年12月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『The Dirty Boogie』のレビューをもっとみる

『The Dirty Boogie』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『The Dirty Boogie』にshowlさんがつけたタグ

ツイートする