沈黙する知性

4.14
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 7
shu1revさん  未設定  読み終わった 

架橋する対談、読み終えてそんな風に思った。なんに対して橋をかけるかといえば、吉本隆明とか小林秀雄といった名前は知っているけれど、あまり読んだことのない人たち。まぁまったく読んだことがないわけでもないんだけど。最近の報道とかSNSとかを含めた世相に対する内田氏と平川氏のだべりではあるんだけど、そこで言われていることには背景がある、というのが肝かな。その肝か、彼らの読んできたさまざまな思想家、評論家であるという気がしたんだよね。だから、本書で言われている内容以上に、その拝啓となった人たち、カミュとか江藤淳とか伊丹十三とかね、読んでみたいと思ったな。いや、読まなくては、とね。

レビュー投稿日
2019年12月8日
読了日
2019年12月7日
本棚登録日
2019年12月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『沈黙する知性』のレビューをもっとみる

『沈黙する知性』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする