リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫

3.74
  • (201)
  • (168)
  • (315)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 1515
レビュー : 109
著者 :
shun57さん  未設定  読み終わった 

骨太な人物たちに引き込まれ、それぞれのを宿願が遂げられることを祈った。
自分の後を託せる者を見つけることが、彼らが最後に抱いた最大の願いだったのだろう。

託したい、託されたい、その重要な思いはどこで生まれるのか。
深い信頼と、直感、その瞬間、この人しかいないとなる。
伝える言葉は、
これをやってくれ、
ではなく、
「お前の思う通りにやってほしい」。

人生は複雑、普通の幸せ、体に染み込む言葉じゃ伝わらない何か、本当の自己犠牲
こんなことを考えた。

時代が違うなんて思わない。
「次を託された者」の姿が心に刻まれた。

レビュー投稿日
2019年2月5日
読了日
2019年2月5日
本棚登録日
2019年2月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫』のレビューをもっとみる

『リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする