自分のアタマで考えよう

3.96
  • (586)
  • (894)
  • (452)
  • (79)
  • (18)
本棚登録 : 6168
レビュー : 871
著者 :
制作 : 良知高行 
shunsuketさん how to系   読み終わった 

▼全体的な感想
・すごく読みやすい
➡これはちきりんさんの文章全般的に言えることですが、とても読みやすい印象があり、一日でさくさくと読み終わって快感でした。

・データを基に自分で考察を続けようと思った
➡この本は、ちきりんさんの思考のプロセスが書かれているだけで、それはよくも悪くも”世の中の正解”を提示しているわけではなく、”いかに正解に近づくか”を表しています。その中で僕が一番思ったのが、まず自分でしっかり考察してみようということでした。その後にもう一度これを読んだらまた違う発見があるような気がします。

▼その他知ったこと、思ったこと、考えたこと
・"自殺の例"に見る、世間の情報にはびこる”誤解”
➡データも少し見方を間違えると、全く本質を捉えない議論をしてしまうようです。この例はその一つではありましたが、きっと世の中のニュースとかで言われていることも、元のデータを突き詰めると違った側面が見えてくるのでしょうか。

・思考の基本はMECE,そして"why so?"と"so what?"
➡これは特に就活をしているとよく聞く言葉なような気がしますが、ちきりんさんの言う”考える”も、基本的にMECEにまず要素を洗い出し、各要素ごとに縦の論理を考える。と言ったことなようです。

・僕はきっと今まで全然何も考えてなかった
➡最後の方にある”グラフ”に関する話で、”すごくしっかり考えられないとvisualに物事を説明することはできない”と書いてありました。ああその通りだ。。。と思ってしまったのですが、僕はすごくvisualに物事を説明するのが苦手で、それはきっと自分の中で思考が中途半端なままどんどん次にいってしまっていることなんだろーなーと

以上!

レビュー投稿日
2011年11月2日
読了日
2011年11月2日
本棚登録日
2011年11月2日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自分のアタマで考えよう』のレビューをもっとみる

『自分のアタマで考えよう』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『自分のアタマで考えよう』にshunsuketさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

ツイートする