凄腕の忍び込み師、通称「ノビカベ」こと真壁修一。
犯罪モノであり、ミステリであり、ロマンスであり。
16年前に死んだ双子の弟との共存もあり。

長編小説でありながら、連作短編でもあるので
ある意味読みやすい。

2020年1月25日

読書状況 読み終わった [2020年1月25日]
カテゴリ ミステリー
タグ

厳格すぎて、子供たちには暴君のようだった亡き父親。
実は浮気していた事実が発覚し
3人の兄妹たちは驚愕する。

父の本当の姿を知りたいと、さまざまな人を訪ねるうちに・・・

読み口は軽いかな。佐渡島行ってみたくなりました。

2020年1月22日

読書状況 読み終わった [2020年1月22日]
カテゴリ その他
タグ

戯作者志望の青年、山岡百介が、雨宿り先で偶然出会った
謎の3人組。

闇に葬られる事件をヒソカに決着させる裏世界の仕置き人。
騙るは妖し。業への制裁

時間をかけて仕組んでいくカラクリ世界のようで
読んでいてわくわく。シリーズ読んでみます

2020年1月19日

読書状況 読み終わった [2020年1月19日]
カテゴリ 時代小説
タグ

「いつかあの2人を殺してください」

新しい人生を生きるためにかわした過去の約束。
16年後にその履行を迫られる。

今の幸せな家庭を壊さないために
主人公は追い詰められてゆく。

脅迫者は誰なのか、二転三転するストーリーに
ぐいぐいひきつけられて後半一気読み。
ラストに希望が見えたけど、主人公の本当の贖罪は
これから始まるんだと思う。

2020年1月13日

読書状況 読み終わった [2020年1月13日]
カテゴリ ミステリー
タグ

ケーキ大好き女子高生、未羽
世界一のパティシエを目指している学校一のイケメン王子、颯人。

ケーキにからめた謎を解く

少女漫画のノリですいすい読める。
甘いものが苦手な私でも、これを読んでたら
シュークリームが食べたくなりました(笑)
シリーズ他のも読んでみます

2020年1月11日

読書状況 読み終わった [2020年1月11日]
カテゴリ 青春小説
タグ

左構えの鉄砲で絶人の才を発揮する十一才の少年・雑賀小太郎
優しすぎる性格ゆえ、その才をひた隠しにしようとする祖父

山奥でひっそり猟師として暮らしていたふたりが
近隣の戦いに巻き込まれ・・・

小太郎の一途さ
争う両家を代表する武功者ふたり
人間模様を描いた作品

ドラマ化したら面白そうかも。
でも個人的には「のぼうの城」のほうが好きかも

2020年1月8日

読書状況 読み終わった [2020年1月8日]
カテゴリ 歴史小説
タグ

つらい不妊治療の末、特別養子制度を利用する決意をした「佐都子」
中学生で妊娠してしまった「ひかり」

本来ならば交わるはずのなかったふたりの「おかあさん」

ひかりの、あまりの身勝手さや甘さにイライラしつつも
最後の救いに安堵。
それにしても佐都子はすごい。私なら脅迫に来たひかりを
許すことなど到底できないかも。

2020年1月4日

読書状況 読み終わった [2020年1月4日]
カテゴリ その他
タグ

「恐怖」をテーマにした9人の作家さんによるアンソロジー。
怖いというより、ぞわっと圧がかかるような読後感。

2019年12月30日

読書状況 読み終わった [2019年12月30日]
カテゴリ アンソロジー

江戸市井モノ短編8作。
ごく普通の人々の心の中に潜む
暗い部分を描いた習作。

この人の妖モノも大好きだけど
こういう「結局いちばん怖いのは人間だ」っていうのも
抜群にうまいなぁ。。。

2019年12月27日

読書状況 読み終わった [2019年12月27日]
カテゴリ 時代小説

猫、犬、ネズミ、小鳥、その他
動物好きの筆者が、さまざまなイキモノとの関わりを
綴ったエッセー集

クスリと笑いながらさらさら気軽に読めちゃいます

2019年12月25日

読書状況 読み終わった [2019年12月25日]
カテゴリ エッセー
タグ

少年院を出所後、大学に進み
そこでの仲間たちと起業した主人公、町田

彼にあくまでも固執する、裏社会のドン、ムロイ。

彼の周りに次々と起こる不幸とは

結末はあっけなかったけど、ぐいぐい引き込まれて読んじゃいました。

2019年12月23日

読書状況 読み終わった [2019年12月23日]
カテゴリ その他
タグ

18歳まで戸籍を持たず、義務教育すら受けてこなかった青年。
しかし彼はとんでもない頭脳の持ち主だった。

犯罪~少年院
そして出所後。
彼の新しい人生は?

かなりのボリュームだが、内容に引き込まれ
長さを感じない。
下巻へ続く・・・

2019年12月22日

読書状況 読み終わった [2019年12月22日]
カテゴリ 社会派小説
タグ

15歳の熊吉が雇われたのは
長崎、出島の蘭医師シーボルトの薬草園。

草木への深い愛
阿蘭陀に日本の草木を送りたいというシーボルトのために
工夫奮闘する熊吉

やがて起こる長崎事件・・・

日本ってやはり美しい国なのだなぁと。
そして、この時期に今でいうカタログ販売があったのに驚き!

2019年12月18日

読書状況 読み終わった [2019年12月18日]

宮部みゆきの真骨頂、あやかしもの短編6作

「ぼんくら」シリーズの政五郎親分、おでこ
「三島屋シリーズ」の青野利一郎と3人の悪童、行念坊など
他のシリーズの登場人物たちの話もあって嬉しい。

こわく、せつないお話たち。

2019年12月17日

読書状況 読み終わった [2019年12月17日]
カテゴリ 時代小説

上巻で出そろった登場人物たちが
山奥へ、「ソク」の元へと向かう

殺戮に巻き込まれながら
終結したその場所は・・・

下巻はさすがのスピード感
ただそのスピードのまま、わけがわからないままのラスト(笑)

え・・・ここで終わり?

2019年12月12日

読書状況 読み終わった [2019年12月12日]
カテゴリ ファンタジー
タグ

特別な国「途鎖国」
イロという特殊な能力を持つものたちが
闇の月にクスリと力を求めて集まってくる・・・

なんの世界観説明もされないまま話が進むため
最初は読んでいて、手探り状態。
上巻が終わってやっと何となくわかってきたところ。
「役者は揃った」感じかな

下巻で一気に話が進みそう

2019年12月10日

読書状況 読み終わった [2019年12月10日]
カテゴリ その他
タグ

シリーズラスト
最後はめでたし、めでたし(#^^#)

京の都に突如現れた狐面の男
黒九尾なのか?その正体は?

ラスボスは、まさかのあの人(笑)

最後まで漫画チックなままでした。

2019年12月6日

読書状況 読み終わった [2019年12月6日]
タグ

IWGPシリーズ

「芸能人の仕組まれたスキャンダル」
「出会い系に潜む危険」
「超高級マンションに起こった幽霊事件」
「イイネ欲しさの危ないチャレンジ」

を描いた短編4作
このシリーズはどれもぎゅっと短く世相を切る感じ。
ラストは必ず大団円だから安心して読めるが
短編に無理やり押し込めるために、薄い内容なのが残念

2019年12月5日

読書状況 読み終わった [2019年12月5日]
タグ

5歳年上の従兄弟の「真ちゃん」が大好きな「さゆき」
泣いたり笑ったり悩んだり
自分自身の夢を探し始める中学3年間を描いた作品

思春期の女の子のどうしようもない気持ちが
素直に描かれています

2019年12月2日

読書状況 読み終わった [2019年12月2日]
カテゴリ 青春小説
タグ

江戸人情ものプラスちょっと怪異(じゃないものもあり)

12か月によせた短編12作
宮部みゆきの真骨頂

どの話も短いのに心にズシンと残ります

2019年11月30日

読書状況 読み終わった [2019年11月30日]
カテゴリ 時代小説

ガリガリに骨と皮ほどに痩せた、忌女の遺体が発見された。
犯人は「即身仏」を作ろうとしたのか?!

「やられたら100倍返し!」
忌女たちの暴走が始まる

今回は1作目を読んだときと同じ、イヤな感じ。
これじゃネットリンチそのもの
ネットの力と間違った正義感って怖いなぁ

自作はいよいよ「圏内ちゃん」となった原因に迫るらしい。
まだ出てないけど(笑)

2019年11月27日

読書状況 読み終わった [2019年11月27日]
カテゴリ ミステリー
タグ

ホリデーシリーズのスピンオフ

主人公「大和」以外の登場人物を主役に据えた短編6作
なかでも、ウインターに出てきた
一見チャラ男の大東の話は最高。

やっぱりこの作品、みんないいやつばっかだなぁ(笑)

2019年11月24日

読書状況 読み終わった [2019年11月24日]
タグ

もののけ、ぞろりシリーズ第5弾

ついに話は古代中国にまで遡る

秦の始皇帝やらキョンシーまで出てきて
やりたい放題は相変わらず(笑)

兄弟の秘密、黒九尾、白九尾の秘密も明かされる。
と、共にいいキャラだったあの人たちが退場・・・(泣

今作は今まで以上にスピーディで漫画チック。
そろそろ終わりが見えてきた感じ

2019年11月23日

読書状況 読み終わった [2019年11月23日]
タグ

引っ越してきて間もないミチル
ある日突然「みどりおとこ」から招待状を渡される。
何もわからないまま、5人の少女たちと共に
夏の城でひと夏を過ごすことに・・・

「八月」の方を先に読んでしまったので
いろいろと分かった上で読んでいても
やはり美しく哀しい物語。

2019年11月21日

読書状況 読み終わった [2019年11月21日]
カテゴリ ファンタジー
タグ
ツイートする