データ競争力を上げる上司、下げる上司

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
著者 :
shushu34さん  未設定  読み終わった 

存在するデータをまとめてExcelなどで作成する場合や職場で上司がどうあるべきかが書いてある。

まず大切にする点は、
①【課題やデータの範囲】他社はどうなっているのか、そこも含めて自社の状態を出す。
②【サンプル数の違い】何かを比較する検討する際に、それぞれのサンプル数の違いはないかを確認する
③【データの範囲】数ある指標のなかで、過去半年から分析する人と、過去1年から分析する人がいる。そのいつからのデータをExcelにするのか、その起点は妥当か。
Ex)「うちの主力商品の販売に対するネット広告は、効果があることが分かりました。散布図でも視覚的に分かりますし、相関係数も0.7と高い数値を示しています。やはり、我々の部門による広告活動の貢献を対外的に示せましたね。」
と部下に言われた時に、まず【なぜ主力商品だけにデータの範囲を絞ったのか】聞かなければならない。

レビュー投稿日
2017年7月3日
読了日
2017年7月1日
本棚登録日
2017年6月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『データ競争力を上げる上司、下げる上司』のレビューをもっとみる

『データ競争力を上げる上司、下げる上司』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

柏木吉基の作品一覧

柏木吉基の作品ランキング・新刊情報

ツイートする