採用基準

4.03
  • (569)
  • (703)
  • (341)
  • (62)
  • (19)
本棚登録 : 5085
レビュー : 751
著者 :
shuwachoさん    読み終わった 

確かに勘違いしていました。
リーダーは「神のような力をもった誰か」であり、その「役」についたからなるものって。
著者の日本社会に対する焦燥が伝わってきて、チビちゃんが働くようになるころに日本はどうなるんだろう。
自分のことよりむしろチビちゃんにリーダーシップを学ばせるにはどうすれば?という気持ちになる。
こういう考えが日本に根付くのはどのくらいかかるんだろうか。
なんて、私自身、読みながらリーダーって強引さとある程度のでしゃばりが必要だし、「そうは言っても」「だって」「でも」とついつい否定的な思いがわきあがり読み進めるのに苦労した。
とにかくまずは「提案」をそして「声かけ」をしていこうと思う。小さくても自分から発信をしていこう。

最もインテリジェントと思われるのは「独自性があり、実現した時のインパクトが極めて大きな仮説を立てる能力」「ゼロから、新しい提案の全体像を描く構想力や設計力」です。

リーダーがなすべきこと
①目標を掲げる
②先頭を走る
③決める
④伝える

リーダーシップがある人は、「成果を出すこと」を「自説が採用されること」よりも優先します。

私に求められているのは、「自分で決め、その結果に伴うリスクを引き受け、その決断の理由をきちんと説明する」ことであって、上司の指示を全て聞き入れることではなかったのです。

重要なのは、過去に学んだ知識や、過去に特定分野を極めるために使った時間ではなく、これからの時間であり、これからの人生です。

レビュー投稿日
2014年2月19日
読了日
2014年2月19日
本棚登録日
2013年8月29日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『採用基準』のレビューをもっとみる

『採用基準』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『採用基準』にshuwachoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする