論理の方法: 社会科学のためのモデル

著者 :
  • 東洋経済新報社 (2003年4月1日発売)
3.83
  • (25)
  • (32)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 414
感想 : 25
3

いつ買ったものだろう?おそらくもう10年くらい前か。長らく本棚で眠っていたこちらを何となく手にして読了。
内容的には「論理の方法」というよりは、「社会科学における"モデル"とは何か」という感じか。
それにしても、小室直樹先生、確か3年くらい前にお亡くなりになったが、30代の頃ご著書では色々なことを学ばせてもらった。
『日本人のための経済原論』
『小室直樹の資本主義原論』
『日本人のための宗教原論』
『小室直樹の中国原論』
『資本主義のための革新』
『韓国の悲劇』
『日本の敗因』
『日本国憲法の問題点』
『日本人のためのイスラム原論』
等々…
改めてご冥福をお祈りします。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年11月9日
読了日 : 2013年11月9日
本棚登録日 : 2013年11月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする