TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (ジャンプコミックス)

3.83
  • (71)
  • (95)
  • (86)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 977
レビュー : 72
著者 :
まさみさん  未設定  読み終わった 

加藤和恵さんは以前から塗りや絵柄が好きで注目してた漫画家さんですが、青の祓魔師のアニメ化により一気に大ブレイク。短編集も発売され嬉しい限り。
値段については賛否両論ありますが、季刊エスなどの短編も収録&カラーもそのまま掲載という特典を考えると妥当なお値段かと。これで700円ちょっとならかえってお得かも。
内容は、初期の短編に関しては良くも悪くも好き嫌いが分かれる作風かと。
殺し屋高校生と同級生との交流を綴った「僕と兎」、浪人生の大晦日の夢「主と某」など、少年誌に掲載するには内角低めの変わり球でややへヴィなテーマを扱ったものが多い。
あとがきで作者も言及してましたが、GTOなどマガジン系の漫画を意識した「人生街道はぐれ星」は特にそんな印象を受けました。
元々加藤さんの独特の塗りが大好きだったんで「赤い大地に生まれた戦士のはなし」がカラーで読めるのは嬉しい!
青の祓魔師のメインキャラの原型っぽい人物がちらほら出てくるのもニヤリとする。

あとがきですが、「そんなにぶっちゃけていいの!?」と心配になるほどこれまでの経歴を赤裸々に語ってます。
「最初の頃は描きたいものを描きたいように描いてた」
「この話で初めて読み手を意識した」
など、本音が聞けるのも嬉しい。
以前よりファンだった方はご存じだと思いますが、加藤さんは打ち切りの多い作家さんだったので、それも踏まえて読むと感慨もひとしおかと(ただ、個人的に好きな「ホシノオタ」がネットで評判今いちってのはショックだった……)

余談ですが、「読み手を意識するようになった」=「描き手が妥協してる」って事ではないのでは?
私は描き手が描きたいテーマを貫きながら、そこで自己完結せず、より広範な読み手がカタルシスを得られるよう娯楽性を盛る匙加減を覚えたって事じゃないのかなーと受け止めました。

いずれにせよ漫画家加藤和恵の新たな一面を知ることができるので、青の祓魔師から入った読者にもお奨めです。

レビュー投稿日
2017年8月27日
読了日
2017年8月27日
本棚登録日
2017年8月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『TIME KILLERS 加藤和恵短編集...』のレビューをもっとみる

『TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (ジャンプコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする