マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

3.96
  • (193)
  • (253)
  • (133)
  • (28)
  • (9)
本棚登録 : 1858
レビュー : 178
著者 :
sigatuyukaiさん  未設定  読み終わった 

本屋大賞受賞で一気に知名度が上がり、ファフナー&マルドゥックの映画公開決定で今最も脂が乗ってる作家・冲方 丁。
本書は数年前に発刊されたマルドゥック・スクランブルに大幅改稿をくわえた新装版。どんなもんだろーと最初の方だけぱらぱらめくり即購入決定、冒頭部分から文章に手が加えられてます。
読点の不自然な多さが改善され大分読みやすくなった印象。
氏も絶賛する漫画版に触発されたエピソードも盛り込まれお得な内容に。
他にもバロットの心情部分が付け足されて、等身大の少女としての輪郭がより濃くなった(心身障害者駐車ペースでの行動など)
バロットの兄関連でヴェロシティとのリンクもあり、マルドゥックシリーズを愛読してきた読者は「なるほど、こう来るか!」と唸るはず。
世界観がよりわかりやすくなったぶん、バロット初診時におけるマルドック09の説明など説明臭くなってしまった箇所があるのがやや残念ですが、畜産業者のトラウマが掘り下げられているのは嬉しい。
彼らが各々のパーツに執着するようになった背景が解剖され、よりその不気味な存在感と猟奇性が際立ちます。

レビュー投稿日
2017年8月27日
読了日
2017年8月27日
本棚登録日
2017年8月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マルドゥック・スクランブル The 1s...』のレビューをもっとみる

『マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする