倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)

3.60
  • (67)
  • (90)
  • (140)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 638
レビュー : 129
著者 :
sigatuyukaiさん  未設定  読み終わった 

皆川博子さんの特徴はなんといってもアカデミックで耽美幻想的な上質の文章、極上の酩酊を誘う退廃的な雰囲気、清濁併せ呑む世界観、美麗な登場人物……数え上げたらきりがないんですが、とにかく一度はまると抜け出せない、麻薬のような魅力があります。
毒にも薬にもならない小説が多い中で、皆川博子の小説はどれも強烈な毒をもっている。
感性があうひとにはたまらないんじゃないでしょうか。

第二次世界大戦終戦直後、焼け野原と化した東京のミッションスクールのチャペルで、一人の女子生徒が変死を遂げた。
その生徒の死には「倒立する塔の殺人」と題され、ミッションスクールの生徒間で回し書きされた小説が絡んでいるらしい。
死んだ女生徒に憧れていた小枝は、異分子のイブとあだ名される同級生の力を借り、未完の小説の続編を模索するー……。
シスターの頭文字をとりSと呼ばれる特殊な関係、友情。
物資が欠乏し女学生であっても工場に駆り出された過酷な時代の中、語り手から語り手へと受け継がれる禁断のノートがもたらすのは災厄か、それとも……
美術や文学の教養の深さに裏打ちされたアカデミックな会話、驕慢で清楚、可憐で邪悪な少女達の描写が素敵すぎる。
「カラマーゾフの兄弟」が重要なキーワード……ってほどでもないですが、登場人物を繋ぎ合わせるキーアイテムとなってるので、カラマーゾフ既読の方にもぜひ読んでほしい。どの登場人物が好きかで性格がわかるという指摘にはぎくりとします。
擬似姉妹愛をメインに据えたミッション・スクール物としても読めるのですが、ミステリ的なギミックも仕掛けられていて、ラストの二重の陥穽には「やられた!」と感嘆しました。
恩田陸の「蛇行する川のほとり」とか好きな人は絶対ハマると思います。
一冊のノートとともに語り手が受け継がれていく形式は桜庭一樹の「青年のための読書クラブ」と共通ですね。あわせて読んでみると楽しいかもしれません。
ただ、難を言うなら、設楽さんが可哀相すぎる……聡明な子なのに、あの扱いは酷え……。
ラストで自信たっぷりに将来の夢を語るところでは皆川さん本人がモデル?と勘ぐりましたが、どうなんでしょうね。

レビュー投稿日
2017年8月24日
読了日
2017年8月24日
本棚登録日
2017年8月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)』のレビューをもっとみる

『倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする