羅生門

3.76
  • (33)
  • (59)
  • (51)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 582
レビュー : 55
著者 :
siichanさん 小説全般   読み終わった 

読めば読むほど味が出てくるのが、過去に数々の名作を遺してきた芥川作品の醍醐味ともいえます。

この作品もそれと同じで、今あらためて読み返してみると、学生の頃に読んだ時とはまた違った印象になりました。

学生の頃に読んだ印象は、「老婆が自業自得というものを体現したような作品」という学生らしい感想です。

一方で、今回読んだときは、「他人の悪を裁くことで自分の悪を正当化する。世界中の人間の誰しもが持ち合わせている業のようなものを悟った醜作品」という印象を受けました。

また期間をあけて読むと違った見解が生まれそうで今から楽しみです。

レビュー投稿日
2020年1月11日
読了日
2020年1月11日
本棚登録日
2020年1月11日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『羅生門』のレビューをもっとみる

『羅生門』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『羅生門』にsiichanさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする