一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)

3.53
  • (9)
  • (14)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 20
著者 :
しーたかさん 私生活   読み終わった 

有島武郎の童話八篇を収録した本。
どの作品もすごく面白く、心が温かくなった。中でも「火事とポチ」は犬嫌いの僕ですら読んでてちょっとうるっときた。本を読み終わった後に小学校の教員免許が欲しくなった。
「真夏の夢」だけちょっと作風が違うなと思ったら、ストリンドベルヒという作家の作品の翻訳らしく、自分の勘が当たったことが嬉しかった。

レビュー投稿日
2010年11月16日
読了日
2010年11月16日
本棚登録日
2010年11月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)』のレビューをもっとみる

『一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)』にしーたかさんがつけたタグ

ツイートする