〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性

3.99
  • (56)
  • (36)
  • (55)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 584
レビュー : 45
著者 :
シマクマ君さん 歴史・社会・エッセイ   読み終わった 

 考えてみれば、この本が世に出てもう、20年近くたっているわけだけれど、この本が検証した内容なしで、憲法や沖縄を語ることはできないと思うが、レビューがもう2年も3年も書かれていないことに驚いた。
 戦後文学、思想について、かなり網羅的に調べて書かれている労作。分厚いけれど、読みはじめると読み進めることは難しくない。近代史や、現代史に関心を持つ若い人に読んでほしい好著。

レビュー投稿日
2019年3月13日
読了日
2019年3月11日
本棚登録日
2019年3月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリ...』のレビューをもっとみる

『〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性』にシマクマ君さんがつけたタグ

ツイートする