天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)

3.58
  • (153)
  • (308)
  • (451)
  • (39)
  • (8)
本棚登録 : 2416
レビュー : 200
著者 :
制作 : 小瀧 達郎 
まさしさん 作家:マ行   読み終わった 

「天使の卵」から10年後の夏姫と歩太。
おばあちゃんに投げかけた最後の言葉が悪態になってしまった慎一を夏姫が包み込むシーンからはじまる物語は、夏姫を救済する物語でした。
夏姫が恋した慎一は、皮肉にも姉の春妃と歩太の年齢差と同じく8歳年下。因縁めいたものを思わせる巡り合わせですが、春妃と同じような恋をしてどんな気持ちを相手に募らせるのか身を持って感じたことが何よりの良薬だったのでしょう。二人には別れることなくいつまでも寄り添っていてもらいたいものです。
一方の歩太は、10年で随分と逞しくなったものです。男性ながら歩太には格好良さを感じずにいられません。

レビュー投稿日
2013年11月19日
読了日
2013年11月19日
本棚登録日
2013年11月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天使の梯子 Angel's L...』のレビューをもっとみる

『天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)』にまさしさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする