心理学論の誕生: 「心理学」のフィールドワーク

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
秋成さん 既レビュー書籍   未設定

中味自体は決して悪くないのですが。

大体「心理学とは何か」などというテーマで書かれた本はあまり無いので、その意味でも貴重ですし、結構研究生活のことをざっくばらんに話していたりもするので、読む価値はあると思います。

しかし、あえて難を言えばどうしても「同門の若手研究者で集まって、好き勝手に評論家じみたことを言っている」という印象があることでしょうか。

理由は?院が同門でツーカーの仲の3人で、殆んど意見の衝突が無い事、?彼らの意見が学会ではまだ「若手が青臭いことを言っている」的な認知しかされていない事、でしょうか。

?はともかく、?は…。誰か一家言持っている学外の人に入って欲しかったかな。

レビュー投稿日
2006年5月31日
本棚登録日
2006年5月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『心理学論の誕生: 「心理学」のフィールド...』のレビューをもっとみる

『心理学論の誕生: 「心理学」のフィールドワーク』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする