名探偵のままでいて (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 宝島社 (2024年4月3日発売)
3.86
  • (30)
  • (44)
  • (35)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 1299
感想 : 33
5

おじいちゃんの切れ者だけど、ふんわりしたやわらかい感じと、孫娘楓の祖父を慕う感じがとても良い雰囲気を出していて読んでいて楽しかった。
『レビー小体認知症』は初めて聞いたけど、『幻視』があることを本人が理解出来ていてもそれが『幻視』かどうかを考えなくてはいけないのはとても大変なことだと思う。
ミステリー初心者の私としてはこれくらいテンポ良く解決してくれる物語の方が読みやすかった。
続編でこの後楓、同僚の岩田、岩田の後輩四季の3人の関係がどう変化していくのかも楽しみ。そして、おじいちゃんにもまた会いたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2024年4月17日
読了日 : 2024年4月16日
本棚登録日 : 2024年3月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする