不明解日本語辞典

3.21
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 111
レビュー : 9
著者 :
しろかぎさん 図書館   読み終わった 

「あ」「いま」「社会」「適当」「つまらない」「すみません」など、32語の見出し語を通して、日本語の不明解さをぐるぐると悩み考える一冊。
ことばというものについて、誰もが一度はこの…堂々巡り感というか、「よく考えるとこれどういうことだ…?」と悩んだことがあるのではないか、と思います。私も子どものころなんかは特に、無駄に考えたりしていましたが、大体面倒になったり、他の雑事にまぎれてしまって、まあいいか、と思考停止していたものです。
なので、この本を読んだときは一種の感動を覚えました。…あ、あのいつも途中で放り出していた、あの悩みが、本になっている!…どんなものであっても、どこかにはきちんとやってくれる誰かがいるものなのだなあ、世界は広い、大丈夫だ…という、謎の感慨が得られた一冊でした。

レビュー投稿日
2016年2月8日
読了日
2016年2月8日
本棚登録日
2016年1月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『不明解日本語辞典』のレビューをもっとみる

『不明解日本語辞典』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『不明解日本語辞典』にしろかぎさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする