東京震災記 (河出文庫)

3.64
  • (0)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 7
著者 :
ししまるさん 歴史(日本)   読み終わった 

関東大震災の未曾有の被害状況を一人の作家として
その肝の座ったルポジュター魂に田山花袋の知らない面を見た気がいたしました。
江戸の風情がどこかしらに残っていた東京がすっかりなくなってしまった瞬間。新しい東京を予感したい思いも感じられ
今私たちが直面しているさまざまな自然被害(場合によっては人災)とどう向き合っていたらよいのか。
それは、まず現場にたったかどうか。
そして、どう感じたか。
先人の思いを、経験を、無にしてはいけませんね。

レビュー投稿日
2011年9月13日
読了日
2011年9月13日
本棚登録日
2011年9月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東京震災記 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『東京震災記 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする